『即答力』はCAの仕事術に欠かせない!(課題図書にしたいくらいお薦め)

即答力の本CA お仕事

【松浦弥太郎さんの本『即答力』がCA人生に絶対活きる理由】

シンプルCA、tokuchanです!

tokuchanが
たっくさん読んできた本の中でも、
松浦弥太郎さんの『即答力』は、

全CAに課題図書として
読んでほしいくらい

(↑エラソーにすみません・・・)
CAの仕事術に活きる、
とってもおすすめの本

なのです!

どんなポイントが
役立つのか・・・
紹介させてください!

即答力とは・・・
人に対して「あなたに興味がある」「話をもっと聞きたい」、出来事に対して「わくわくする」「チャレンジしたい」というような、真剣に向き合う姿勢のこと。(touchan要約)

✈︎01✈︎即答力は「初めまして」のチームで働くCAに欠かせない姿勢!

にぎやか

人の話を全部きちんと聞ける柔軟性がありながら、センスよく、相手に不快感を与えない程度に、自己主張をする。これこそしなやかで上質な即答力です。

松浦弥太郎『即答力』2016年 朝日文庫 p.49

CA生活では、
ほぼ毎回「初めまして!」
でブリーフィングを開始し、
そこからチームで
高品質なフライトを作りあげる
ことが求められます。

自分よりも
その路線の経験のある人が
いるかもしれませんし、

実は久しぶりのフライトで
おどおど・ドキドキを隠している人が
いるかもしれません。

上手に・感じよく、
皆を丸め込んで動かす。
チーフやパーサーをやるときは
とくに大切にしたい姿勢です。

✈︎02✈︎こだわり・マイルールが強い先輩との関わり方にも活かせる!

その人の価値観について、自分がどう思うかは別問題。批判するのではなく、ただフラットに「相手が大切にしていること」を尊重しましょう。

松浦弥太郎『即答力』2016年 朝日文庫 p.125

相手が言葉遣いをとても大切にしている人なら、
自分も美しく正しい言葉遣いを意識してみる。

相手が心配性なら、
安心できるようなやり取りや先手行動をとってみる。

対お客様でも、対クルーでも・・・
相手の価値観を尊重し
柔軟に受け入れた上で、
センス良く、
自分の行動を変えてみる。


とってもかっこいいCA
になれそうじゃないですか?

✈︎03✈︎「当事者意識」を持てば、経験が浅くても業務の「核心」を押さえられる!

考える人

経営者意識をもっと普遍的に言えば、何事にも当事者意識をもつということでしょう。これは、物事の核心に自分から近寄る努力をするということ。

松浦弥太郎『即答力』2016年 朝日文庫 p.98-99

「ミールに不具合があったことがあってね~」
「昨日○○便で急病人が出たんだって!」
「雪で大幅ディレイしたんだって~!」
運航で起こった
いろんな事例の話が
さらりと噂話のように流れるCAの世界・・・

「ふ~ん大変だったね」
ではなく、
「自分の便で起きたらどうしよう!」
「どう対応したら良いの⁉」
自分のこととして捉える。

物事の本質を捉える練習となり、
さらに
知識としてインプットされるので、
経験が浅いCAでも
事例対応力がアップ

します。

✈︎04✈︎「察知→思いやり→相手を喜ばせる」はサービスの基本!

即答とは、相手を喜ばせること。もっと広く言うと、目の前の相手を喜ばせ、その連鎖で世の中の人が喜んでくれるという結果につながること。

松浦弥太郎『即答力』2016年 朝日文庫 p.43

きっと
「保安・安全に努めたい!」
という動機でCAになった人はいないと思います。

「自分のサービスを通して人の笑顔が見たい」
そんな理由で志望した人が多いと思います。

観察→察知→即答

『即答力』は私に
サービスと仕事の本質
思い出させてくれました。

✈︎05✈︎「もっといろんなことを学ぼう!」とモチベーションがアップする!

仕事に限らず、自分が真剣にかかわっていることに対しては、いつ、誰に、何を聞かれても、即答できるようになりたいものです。

松浦弥太郎『即答力』2016年 朝日文庫 p.143-144

この一文を読んだときに、
CAとしてのモチベーションが
ぐっと上がるのを感じました。

なぜなら・・・

●飛行機のこと
●機内設備のこと
●航空知識のこと
●就航地域の文化・地理・歴史
●日本の文化・地理・歴史
●機内サービスのワイン・料理
●会社のこと
●マイルのこと
●語学
●アナウンス
などなど・・・

まだまだ知らないことがいっぱいだー!!!!

と気付かされたからです。

同時に、
CAって幅広い知識が必要になる、
とってもやりがいのある仕事だな・・・
と、改めて思いました。

フライトが少ない今、
やるべきことが
見えてきた
ように感じます。


同僚達に話したら、すぐ読んでくれてた!
「特に飛び始めのCAの参考書にしたいね~」
って言ってもらえたよ。

tokuchanは基本的に電子書籍派だけど
『即答力』は人生のバイブル認定!
なので、紙で持ってるよ。

【本の断捨離】ミニマリストCAが手元に残す本の基準は3つ!
【本の断捨離】に重要な【手元に残す本の選び方】を、ミニマリストなシンプルCA、tokuchanがご紹介!
トップへ戻る