私の周りの【GOODDESIGN】③

iphone desktop applicationsミニマム ライフ

【My グッドデザイン賞受賞アイテムLIST アプリ編】

スマホアプリにもグッドデザイン賞を受賞しているものがあるんです。スマホって現代人に密着したものですからね。人の役に立つスマホアプリを作ろう!って考えた人…すごく徳を積んでると思います。しかも無料で使えるって。日々お世話になっています、本当に感謝です。

✈︎01✈︎天気予報アプリ amehare

とっても見やすくて、おしゃれなデザインの天気予報アプリです。「天気」「気温」「降水確率」「降水量」「湿度」「風向・風速」「体感気温」「服装の目安」「台風情報」「雨雲レーダー」と情報が充実!

「設定」から地点を簡単に登録できるので、ステイ先の天気や服装を調べるのにも重宝しています。国内に限りますけどね。

amehare〈アメハレ〉 | 天気アプリをもっと見やすく、もっと便利に

✈︎02✈︎気象病対策アプリ 頭痛ーる

「頭痛の予報」「痛みとお薬の記録」「全国の気圧やお天気」がとっても見やすい。そしてとってもかわいいキャラクターたちに癒されます。 私は天気が悪くなると、頭痛やめまいが起きます。さらには気分が落ち込んで憂鬱になることも…。ずっと、気圧のせい?気のせい?気合が足りない?…なんて悩んでいました。このアプリを使って一番良かったのは、「自分は気圧で体調が悪くなることがある」と理解できたということです。うまくいかなくて、もどかしくて、ただただ辛かったのですが「気圧下がってるもん、仕方ないや」「また元気になるよ~」と思えるようになりました。

メインの画面はこんな感じです。これは台風21号が温帯低気圧に変わって、大雨を降らせた日…。すっごい気圧の変化。そして私の体調も最悪でした。鉛筆マークを押すと、体調の記録を簡単に残すことができます。

記録は「痛みノート」から確認することができます。「警戒」「注意」となっているときに体調が悪いんだな…と気圧と体調の関係が一目でわかります。

全国天気も確認できます。国内乗務の前は、ここでサクッと天気の確認をしています。

「頭痛ーる」あなたの頭痛を予報!
『雨の日の朝、きまって調子が悪い…』頭痛ーるは、気圧の変化による頭痛等の気象病が起こりそうな日時の確認が事前にできる健康気象ツールです。

トップへ戻る