浦安駅からバスで…初めての【舞浜ユーラシア】アウフグース体験も!

国内旅行

【初めての舞浜ユーラシアの記録】

サウナ&水風呂&温泉で、
マインドフルネスを感じてしまう、

シンプルCAのtokuchanです。


今回は
舞浜の
スパ&ホテルユーラシア
日帰り温泉
に行ってきました。


初ユーラシアで、
初アウフグースを体験してきました。

お気に入りポイントや、ちょっと戸惑ったことを記録に残します。

夢の国やったわ~・・・

✈︎01✈︎浦安駅から3分歩いてガストへ、乗り場案内は無し

【とまどいポイント】
●バス停の案内が無いので、ちょっと不安になった

今回、私は浦安駅からの送迎バスを利用しました。乗り場は数か所あります。

電車から乗り継ぐなら、
浦安駅、新浦安駅、

それから、今回利用したバスとは別に、
舞浜駅にもシャトルバスの送迎があります。

【浦安市内循環コース(9時~22時台)】
●ユーラシア発《○○:30》

●浦安市富士見(マルエツ向い大三角線横断歩道付近)《○○:40》

●浦安駅(ガスト前付近)←ここから乗った《○○:50》

●海楽《○○:55》

●新浦安駅(イオン向い歩道橋下横断歩道付近)《○○:00》

●順天堂病院ななめ向かい(今川一丁目付近サンコーポ東口バス停前)《○○:05》

●ユーラシア到着《○○:15》



浦安駅南口を出て、歩いて3分。
ガストの前で待ちます。


いろんなバス乗り場の案内がありますが、
ユーラシアのバス乗り場案内はありません。
(ホームページに書かれている通り)

バスが来たらすぐにわかるよ!

ユーラシアに行くのに、
浦安万華鏡のバスにうっかり乗らないようにね~。
同じ位置に止まるみたい!

✈︎02✈︎3階がフロント、売店もある

【お気に入りポイント】
●舞浜っぽいヤシの木ビュー

●売店で、おにぎりや飲み物(アルコールも)など、コンビニ感覚で買い物できる

バスを降りて館内に入ったら、
エスカレーター・エレベーターで3階へ向かいます。

外の景色は海外みたい♪

すてきなエントランスをくぐりぬけると・・・

右手に売店があります。

お土産だけでなく、
おにぎりやサンドイッチなどの軽食やお菓子、
アルコールを含む飲み物が置いてあります。

進んだ先にフロントがあります。バスが着いた後はちょっと並んでました。

✈︎03✈︎入館料が安くて驚き!!先払い

【お気に入りポイント】
●会員になれば1300円で入れる
●レディースデー・メンズデーがあり、1050円で入館できる!

いつもは2100円(平日)の入館料が、

ラッキーなことにその日はレディースデー
なんと1050円でした♪

普通の日でも、
会員になれば
、当日は、
510円の入会費+1300円(平日)=1810円で入れます。十分安い!

次回来館からは1300円で入れて、ポイントもたまっていく仕組みです!

同じような施設でも、
都内なら3000円くらいするよね~!

フロントでお会計をしたら、リストバンドを受け取ります。

✈︎04✈︎靴をロッカーに入れる→館内着をピックアップ

【とまどいポイント】
●タオルはどこでもらえるの?→更衣室に山積みになっている!

シューズロッカーのカギは自分で保管します。

この後、館内着を取ります。
無人です。

必要に応じて貴重品ロッカーを使いましょう。

これまで私が利用してきた温泉施設は、
館内着とタオルセットを一緒に渡されるところが多かったので、
あれ?タオルは?と思いましたが、

なんと、
バスタオル・フェイスタオルは更衣室(浴室手前)に山積み
になっています!

取り換え放題なんです!!
嬉しい!

【お気に入りポイント】
●タオル取り換え放題

✈︎05✈︎ワンフロア上がって、4階の温泉へ

【とまどいポイント】
●施設が大きくて、何が何階にあるのかとまどった

館内着を取ったら、一つ上の階に向かいます。

3階にフロント・売店・自販機・館内着受け取り・靴ロッカーなど
4階には更衣室・温泉など
5階にはマンガコーナー、リラックスルーム、岩盤浴(別料金)、レストランなど


があります。

日帰り入浴なら、
主に3、4、5階を使うと覚えておけばいいよ~!

↓4階へ続く階段↓

階段裏には涅槃仏や・・・

たくさんの自動販売機が・・・

壁の絵にも注目したい。歴史に触れましょう。

この先を進むと、男女別の更衣室へと続きます~。写真はここまででーす。

更衣室に入ったら、
リストバンドと同じ番号の
ロッカーを探します。

✈︎06✈︎いざ浴室!7種類のお風呂と3つのサウナ

【お気に入りポイント】
●女性サウナでは珍しい、アウフグースがある!!
●サウナの近くに水風呂、さらに外気浴スペースがある
●明るくて開放的。露天の解放感はすごい!
●ドームハンマムでひとりのときに熱唱が気持ちいい
【とまどいポイント】
●シャワーの温度が安定しないこと(場所?)がある
●サウナのヌシ(常連の方)達が集まると、にぎやか・・・
●42度の熱めの温泉は露天にしかない・・・屋内で温まりきれない

↓私の記憶の中の女湯↓

ユーラシア女湯

浴室の写真と解説はユーラシアのホームページからお借りします。
舞浜ユーラシア(スパ)ホームページはこちら

↓内風呂(ぬる湯)↓

温泉濃度50%でマイルド感を高め微温浴で副交感神経を優位に保ち深いリラックス効果が得られます。(40℃)

奥にジェットがあるのですが、とても強いです。
長く当たるとかゆくなります笑


↓見上げると真実の口風の照明が↓

真実の口ライト

↓アトラクションバス↓

水によるマッサージ剌激でココロとカラダの緊張を緩めリラックス感、リフレッシュ感が得られます。(37~38℃)

↓水風呂↓

水風呂

瞬間的に身体を冷やすことができます。(19℃)

ホームページには19度と書いてありましたが、
実際の温度計の表記は17.7度でした。

↓露天風呂(ひのき風呂)↓

露天の解放感とともに温泉濃度を50%にする事によりマイルドなお湯を楽しめます。別名、ひのき風呂(41℃)

ひのき風呂とは言っても、
フチだけひのき

ほんっっっっっのり
いい香りがするような、しないような・・・

私が入ったときは42度で
一番熱いお風呂でした。

↓寝転びの湯(ねはんの湯)↓

薄く流れる源泉の上に仰向けに寝ながら浸かります。背面が温かく深いリラクゼーションが得られます。(38℃)

冬は序盤で行くと寒い・・・。
サウナやヒノキ風呂で十分に温まってから、
休息がてら入るのが良いです。

↓源泉かけ流し(黄金の湯)↓

地下1700メートルから汲み上げた化石海水源泉をそのままかけ流しにした当館自慢の露天風呂。(41℃)

日本4大希少泉質の天然温泉です。
関東最大級の源泉かけ流し!


色は関東によくある黒っぽいものとは違い、
黄金で、

塩分が多めですが、
意外と湯ざわりはさらっとしています。

【泉質】
含よう素-ナトリウム-塩化物強塩温泉・高張性・弱アルカリ性・温泉

【適応症】
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進の他に、切り傷・火傷・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病

↓ドーム風呂ハンマム(女湯:水曜日以外)★イチオシ★↓

トルコの蒸し風呂をイメージ。ドーム状の室内は、総大理石で身体に負担の少ない温度が副交感神経を優位に保ちリラックス効果が期待できます。(36℃)

↓外観はこんな感じです↓

ドームハンマム

中に入ると気分はテルマエ♪
半分はベンチ、半分はお風呂になっています。

体温くらいのぬるめのお湯なので、
ずっと浸かっていられます。

サウナの後の火照り覚ましにも丁度よい♪

ドームハンマム中

誰もいなくなったので、
歌ってみたら、

めっちゃいい感じに響く笑!


ほんわかした湯気が
ドーム天井から差し込む光に照らされて・・・
Le Coupleさんの「ひだまりの詩」を一曲歌い切りました笑

↓蒸気浴カルダリウム↓

壁からの熱で穏やかに温められた部屋の中にアロマの香りの蒸気が広がるスチーム浴です。(42~43℃)

↓ラコニウム↓

床・壁・ベンチからのマイルドな熱は、皮膚を乾燥させることなく身体の深部に熱作用するので美人肌を作ると言われます。(36℃)

↓ケロサウナ★イチオシ★↓

サウナ室の前に、サウナマットがあるので、持って入って、お尻の下に敷いて座るよ!

顔を熱から守る&汗を拭く用のフェイスタオルは必ず持って入ろうね!

水分補給を忘れずに!

サウナの本場フィンランドで「木の宝石」と呼ばれる希少なケロという木材を使用したサウナです。(70℃)

このサウナで、
人生初のアウフグースを体験しました。


↓タオルであおいでもらった瞬間、熱風が吹き付けてきて、汗が噴き出るの図↓

アウフグース

きもちええ~!!!!!

【アウフグースの流れ】

 

(熱波師が・・・)
サウナストーンにアロマ水をかける

香りが広がり、温度が上がる

タオルを振り回し、香りを広げる

一人一人に5回ずつタオルを思いっきり振り、熱風を浴びせる

これを2セット。

終わったら、熱波師へ熱い拍手を送ろう!!

その後は、水風呂→外気浴で休憩をしたよ~。
途中退室可能なので、無理せず、
是非やってみてね~!

↓外気浴スペース↓

外気浴

✈︎07✈︎お風呂を満喫した後は、館内着に着替えて5階へ

館内うろうろしていると
体温が下がってくるので、
館内着の上にはおるものや、中に長袖靴下を着ることをおすすめいたします。

マンガを読んだり、
リラックスルームでうたたねしたり、
レストランでご飯を食べたりして、
ゆっくり過ごしましょう♪

↓角度の調整が難しいリクライニングチェア↓

↓充実したワイン…オーパスワンも笑!!↓

とっても楽しかったな~♪
次回は別料金で入れる、岩盤浴もやりたいし、レストランでご飯も食べてみよっと!


よく整った~!
満たされた~!!
サウナや温泉以外にも…マインドフルネスを感じる瞬間を記事にしてあるよ!

マインドフルネスになる時

【いつのまにかマインドフルネス】ヨガ・瞑想・坐禅・サウナ・山登り・雪国…
マインドフルネスとは…自分の心や身体の感覚に向き合っている「状態」です。「今ここ」を感じている状態です。そうなる為の「方法」に瞑想や坐禅があります。私がマインドフルネスになる時を、意識せずともなる!を含めて紹介します。登山も!?サウナも!?
トップへ戻る