【シンプルCA×ドイツ】朝食ブッフェをアレンジして楽しむ

morning buffet海外旅行

【ドイツ朝食ブッフェ アレンジhowto】

ドイツ滞在の楽しみの1つ、朝食ブッフェ!バイキングともいいますね。お仕事でもプライベートでもホテルの朝食は必ず付けています。種類豊富なハム、ソーセージ、チーズ、パン…。ポットで出してくれるコーヒー。とっても幸せな気持ちになります。持ってきてそのまま食べるだけでなく、いろいろアレンジしてさらに楽しみましょう♪おススメを紹介します。

✈︎01✈︎パンにハム、チーズをはさむ

ドイツのパンって、固いけど、味が濃くて、でも軽い。どうしてあんなに美味しいのでしょうか!そのまま食べても美味しいのですが、ナイフで切れ目を入れて、ソーセージやハム、チーズなど好きな具を挟んでサンドウィッチにします。これまた格別です。

✈︎02✈︎トマトにチーズをのっけてカプレーゼ

トマトにモッツァレラチーズ、またはお好きなチーズをのっけて、カプレーゼにして楽しみます。サラダコーナーにオリーブオイルがあればかけます!完璧!

✈︎03✈︎チーズにハチミツをかける

嫌いでなければブルーチーズがおススメですが、お好きなチーズに、パンコーナーから持ってきたハチミツをかけて食べます。ナッツがあるときには、一緒に絡めて食べると、それはもう幸せ!!

✈︎04✈︎チーズをスモークサーモンで巻く

サーモンのスモーキーな風味と塩味が、酪農大国の香り豊かなチーズとあいまって…ちょっと白ワイン下さい!って感じになります。朝ゼクト(スパークリングワイン)がおいてあるブッフェだったら、必ずマリアージュさせましょう笑

✈︎05✈︎特製ソースにパンをひたして食べる

サラダコーナーにあるであろう、オリーブオイル・バルサミコ酢と、チーズ(あれば粉)、塩を混ぜて、パンを付けて食べます。バルサミコ酢の酸味と、チーズのまろやかさのハーモニーがたまらんらん。

✈︎06✈︎ヨーグルトにフルーツを入れる

ヨーグルトサラダって言うんでしょうか。食後のデザートに。紅茶と合わせて頂くのが好きです。

✈︎07✈︎ジュースに炭酸水を入れる

ドイツではリンゴジュースに炭酸水を混ぜた「アプフェルショーレ」が人気です。リンゴジュースと炭酸水があるなら、自分で作っちゃいましょう!甘さが抑えられてすっきりするので、寝起きの1杯にピッタリです。オレンジジュースに炭酸水も美味しいですよ。朝食を楽しんでステキな1日を過ごしましょう♪

トップへ戻る